2016年3月の記事一覧-1ページ目-GEMANIA

そろそろ夏の天体の撮影好機になりますが、春先は気候が安定しないため稼働率がどうしても低くなります。

来月は天候が良い事を祈ります。

昨年、太郎坊で撮影して現像していなかったものをいじってみました。

スカイメモQで60秒露出5枚合成のお手軽撮影です。撮影レンズはタカハシFC-50です。

さすがに60秒では露出不足でした。

★たて座のM11周辺

画像差し替え。4/22 タカハシFC-50+MT-100レデューサー(F6.4)、NIKON D5100改、スカイメモQにて自動ガイド  表示

2015年9月12日 富士山太郎坊

M11-FC50-60sx5-ISO3200S.jpg

月没から薄明開始まで30分もないのですが、昨晩というか今朝小菅村ヘ行ってきました。

とりあえず山中湖辺りも予定していましたがGPVでは明け方3時ごろから雲が少ないエリアだったので小菅村にしました。

今回は300mmのF4絞りでの試写とPoleMasterのスカイメモQでの運用テストで

南中直後のアンタレス付近をISO1600、4分露出で8枚撮影する予定です。

機材を愛車に積み込んで自宅を深夜の1時に出発し小菅村に2時40分着。雲を通して星が少し見えます。

極軸セッティングができたのが4時頃で、時間がないためPoleMasterのテストはあきらめて328のF4試写だけになりました。

晴れたのは短い時間でしたが、いて座〜たて座の銀河がきれいでした。

スカイメモQに装着した状態です。極軸がフリーに回転しないのでPoleMaster使用時はパノラマ雲台で回転させます。

IMG_20160320_044659.jpg

極軸部分は変換リングを組み合わせでパノラマ雲台、K-ASTECの1/4アダプターで取り付けています。

なぜかRAWで撮影できていませんでしたJPEGで記録(笑) ISOを変更する際に間違って撮影モードも変更したようです。

内蔵の極望スケールは2000年までしか対応してませんのでPoleMasterの出番ですがいつも通り眼力?で2015年辺りに合わせます。

予定のアンタレス付近は撮影直前に無常にも雲に隠れたため被写体を変更。

★白鳥座の散光星雲

2016年3月20日 山梨県小菅村 NIKON D610改、tamron 300mm f2.8->f4 、113秒 ISO3200 拡大表示

nebulahakucyou300mmf4-113s-ISO3200S.jpg

F4に絞ると概ね良好ですがまだピントが甘く時間がないため今回はこれ1枚で終わり。

撮影中に雲が出てきたので120秒露出の予定を113秒で中断しこれ以降は撮影できませんでした。

結局、明け方5時10分頃に小菅村を後にし自宅に到着したのは6時40分でした。

2月から週末の天気の悪いこと。嫌がらせでしょうか(笑)。ストレスが溜まります。

先週と同じく今週末も月没後の短い時間で夏の天体を狙っていましたがまたもや天気が駄目そうなので

遠征前のチェックで組み立てた機材をご紹介させて頂きます。

今回は1973年製造のタカハシ TS-50型赤道儀、当時は5センチのアクローマート屈折望遠鏡専用だった赤道儀です。

近代化と言っても1970年代の赤道儀に最新の機材を追加しただけで難しいことはしておりませぬ。

IMG_20160318_233914.jpg

小型・堅牢のためP型が発売される前までカートンのコメットシーカーと並んで唯一のポータブルタイプの赤道儀だったと記憶しています。

当時、長野県の野辺山や奥多摩の御岳山長尾平など、著名な観測地でよく見かけたものです。

所有しているものは1980年頃にヘッド部分のシステム化と駆動メカをモータドライブ対応にメーカーで改修済みの物ですが

極軸望遠鏡内蔵タイプではないため最近まで物置きの放置してました。

今回、近代化した所はPoleMaster、電子極軸望遠鏡の導入とモータドライブのオートガイド対応です。

2/27に道志みちに遠征して328でテストしましたが十分実用になります。 モータードライブはビクセンのMD-4です。

MD-4とPoleMasterの取り付けはタカハシHD-3モータードライブ取付金具を介して設置しています。

コントローラーはM-GENに対応済です。

IMG_20160318_163511.jpg

この赤道儀は今だにクランプを締めて揺すってもガタ一つありません。

また軸受けにベアリングを使用しているため動きがスムーズで登載重量は不明ですが5キロ以上でもストレスなく使用できそうです。

架頭部分の鏡筒取付部にはK-AStECのアルカスイスクランプを取り付けていますので328やカメラの搭載にも便利です。

IMG_20160318_232431.jpg

極軸の方位、高度微動はありませんので高度は純正のアジャスターで運用しています。

水平方向は微動がなくともPoleMasterで問題なく調整できました。

IMG_20160318_162608.jpg

MD-4のコントローラーはM-GENで使用できるように昨年、AUTO GUIDE Labsさんに改造してもらいました。

90s赤道儀のMD-3と共用しています。

IMG_20160318_163155.jpg

IMG_20160318_163231.jpg

M-GENオートガイダーはアクセサリーバンド+アルカスイスで設置。

IMG_20160318_163118.jpg

日付が前後してしまってますが、

今回は元旦に長野県八千穂高原に遠征した際の写真ですが季節はずれですいません。

自宅をお昼前に出発して午後3時頃に野辺山駅に到着しました。

ここでしばし休憩しましたが自動車の外気温度計で-7度。夜の気温を考えると非常に怖いです。

★JR小海線 野辺山駅 

野辺山高原は1974年、高校生の時にペルセウス座流星群の合宿で初めて訪れてからよく遠征した思い出の地。

20160101nobeyama1.jpg

★愛車のレガシィB4で八千穂出撃まで待機中

20160101nobeyama2.jpg

暗くなってからレストハウス駐車場に到着しましたがここに来くるのは30年ぶりです。日陰にちょっことぐらいで雪はありませんでした。

元旦なのでさすがに誰もいないかと思いきや、隣の町田市から来られている方が1名おりました。

天気は快晴。気温は予想より暖かく-12度。スカイメモRSをセッティング。tamron 300mmf2.8 LDで撮影しました。これもオールドレンズです。

IMG_20160316_225700.jpg

三脚座はK-ASTECの天体用アルカスイスプレートで固定。

IMG_20160316_225801.jpg

夜半の2時過ぎには雲が湧きだし晴れる気配なし。つれと同伴でしたので3時過ぎにはトイレがある野辺山駅まで撤退しました。

★M42あたり

NIKON D610改、tamron 300mm f2.8->3.5、240秒x8枚、ISO1600、M-GENオート 拡大

m42-300mmf35-240sx8-iso1600S.jpg

またもやセンサーにゴミが付着。

あと3枚あります。

≫続きを読む

ほとんど撮りっぱなしで放置していた写真で、これは昨年富士山太郎坊で撮影しました。

オートガイダーまだ運用してない時期なのでスカイメモQで放置/自動ガイドで安直撮影。

スカイメモQによる撮影でしたが11月から導入したM-GENでオートガイドです。

スカイメモで300mm(APS-Cなので450mm)でも5分露出が可能になりました。

IMG_20160314_133357.jpg

専用のレデューサーは所有していないので補正光学系はMT-100用+AC2のむりくりです。

★バラ星雲

2015年11月15日 富士山太郎坊

タカハシ FC-50+MT-100用レデューサー+AC2(合成fl=280mmぐらい)、NIKON D5100改 300sX7枚

スカイメモQ+M-GENといえども5分露出ではさすがに成功率が30%ぐらいでしたが、

バランスや鏡筒の固定部分に問題があるため見直しました。

最近は気を使うようになりましたがまたもやセンサーにゴミが付着。

次回も挑戦したいと思います。 拡大

baraFC50-300s-ISO3200-S.jpg

1月3日は初めて伊豆半島方面に遠征した。

場所は悩んだ末、八王子市から比較的アプローチが良い西伊豆スカイラインの土肥駐車場。

doiparking.jpg

かつて東京の西部郊外の立川市というところで生まれ育ち、結婚直前まで生活の基盤を置いていたこともあり

星見の遠征は近いところでは奥多摩、やや遠方で八ヶ岳方面がほとんどだった。

このため伊豆方面は今回の遠征まで全く縁がなく予想より星がきれいで感動しました。

北東から北、北西にかけては関東平野?沼津?太平洋ベルト地帯のため明るいものの、

東から南、南西、天頂付近は期待以上の空の暗さだった。下は土肥駐車場から眺めた南の方角です。

doinanten.jpg

今回はその時撮影した1枚。年末にNIKON D610を手に入れたのでテスト撮影したものだ。

気温は-4度でしたが元旦に八ヶ岳 八千穂高原で-12度の直後だったのでこの程度では暖かく感じました。

★大犬座?カノープス

西伊豆スカイラインにて。下界はもやっておりました。土肥駐車場では時折雲が通過するも空の状態は非常に良かった。

NIKON D610改、NIKOR Ai 35mm f2->2.8、90秒x4枚、ISO3200 ケンコーソフトン

スカイメモQにて自動ガイド 表示

canopus35mmf2.8-90sx4-iso3200S.jpg

あとは冬の天の川

≫続きを読む

1月16日の長野県八千穂高原からの1枚。

この日は遅れて到着したため冬の星雲・星団はかなり低く条件が悪くなっていました。

MT-100改造のテスト撮影ということもありISO3200で3分露出で撮影。

★M35

タカハシ MT100改造+NIKON D610改 タカハシ90s、 M-GENにてオートガイド

(足立鏡 120mmF5に換装,レデューサー併用で120mm F4.1) 拡大表示

M35-90sx4-MT120-IOS3200.jpg

8枚撮影しましたが最初の4枚はピント確認を怠りぼけぼけのため廃棄。

おそらく極軸セッティングのつめが悪くガイド不良のコマもあるのですが

残りの4枚をむりやり加算平均で合成しました。イメージサークルは34mm程度。

このためフルサイズのD610では周辺のケラレ、周辺像の乱れが多いので次回はD5100でも撮影する予定です。

1月8日の山梨県小菅村の遠征では

tamron SP 180mm f2.5LD でも撮影しました。

IMG_20160313_003955.jpg

30年以上前に購入した古いものですが、低分散レンズ(タムロン LD)を使用した当時の高級レンズです。

昨年、f2.5開放で撮影したファーストライトではお星様は米粒でハロが盛大に出ておりました。

APS-Cなので厳密に比較はできませんがオリオン座のM42付近です。f2.5開放

2015年10月24日 富士山太郎坊 第二駐車場にて撮影

NIKON D5100改 90秒x6枚 ISO3200 スカイメモQにて自動ガイド 表示

M42batou180mmf25-90sx6-ISO3200.jpg

★二重星団とIC1805/IC1848 

2016年1月8日 山梨県小菅村にて撮影

tamron SP 180mm f2.5->f3.5 NIKON D610改造、360秒x4枚 ISO1600 スカイメモRS+M-GENでオートガイド。 表示

nijyuseidan180mmf35-360sx4-4.jpg

センサーにごみが付着していたようでこれは残念。

現像など全体のレベルはまだ低いのですがf3.5に絞りフルサイズD610でもあまりひどい事にはなりませんでしたので安心しました。

★スバル

2016年1月8日 山梨県小菅村にて撮影  ※中心部をトリミングしました。

tamron SP 180mm f2.5->f3.5 NIKON D610改造、360秒x4枚 ISO1600 スカイメモRS+M-GENでオートガイド。表示

M45-180mmf35-360sx4ISO1600-S.jpg

次回はf4ぐらいに絞り込んでみます。

訃報です。AP通信

プログレッシブ・ロックの英人気バンド「エマーソン、レイク&パーマー」の創設メンバーでキーボード奏者だったキース・エマーソンさんが米カリフォルニア州サンタモニカの自宅で死亡しているのを日本人のパートナー、カワグチ・マリさんが11日未明に発見した。71歳。死亡日や死因は不明。 12767545434c19ba6fc81fa_import.jpg 最近音沙汰がないのでどうしたのかなと思っていた矢先に キースの突然の訃報にショックをうけました。

ロック界の一時代がまたもや終焉。

音楽性、アレンジ、キーボードワーク どれも秀逸です素晴らしかった。 演奏がうまいので、聴いていて心地良い数少ないミュージシャンでした。 今日はキースの演奏を堪能できるファーストアルバムを聴くことにします。 elp-elp_a_s.jpgご冥福をお祈りします。

1月8日は山梨県小菅村に遠征。この日はスカイメモRSで出動。

三脚はビクセンHAL130でスカイメモはK-ASTEC微動装置を使用しています。

今回は180mmf2.8望遠と広角を中心に撮影しました。

skymemeRSatkosuge.jpg

良く晴れ渡り気温も氷点下10度近くまで冷え込んだ。小菅村はちょうど奥多摩湖のはずれの奥まった山間部の農村で

コンビニやスーパーなども見たらない。メインストリート?の村役場前あたりで標高650mもある。

遠征時の買い出し最終地点は青梅街道沿いの古里駅の交差点にあるセブンイレブンあたりになるので買い漏らさないように注意が必要だ。

今回の撮影場所は標高750m程の林道脇の駐車場ですが

山に囲まれた地域でもここは視界が開けていて天体観測や撮影には最適です。ここにくる途中の奥多摩周遊道路あたりや檜原村周辺と比べると

奥多摩前衛の山々が関東平野の光をブロックしてくれるのでずっと条件が良いと思う。ここはちょっと雪が多いのがつらいかな。

★大菩薩山に沈む冬の星座

ぎりぎり山の端にかかるスバルを狙いました。大犬座シリウス〜オリオン座の低空は甲府盆地の光の影響若干ある。

山梨県小菅村にて NIKON D610改 Ai 24mm f2.8->f4 ケンコー ソフトンフィルターを使用 IOS1600 60sx4枚、スカイメモRSにてガイド

拡大表示

20160108shizumufuyuseiza24mmf4-60s-ISO1600-S.jpg

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面