神奈川県 道志 遠征 PoleMaste+TS-50赤道儀のテスト

コメント[0]

2月27日は手に入れた電子極軸望遠鏡 『PoleMaster』のテストに近場の神奈川県の道志みちに遠征した。

場所は八王子・橋本方面からでは国道413号に入って数キロ先の駐車場である。

自宅から20キロなのですいている時間帯だと30分程度かな。

しかし光害の影響をモロにかぶるため星空には望むべくものはない。

条件がよい日の夜半で冬の銀河が何とか確認できる程度ですが近いので機材のテストする場としては便利である。

この日は1973年製造の高橋製作所製(タカハシ)のTS-50型赤道儀にPoleMaster+M-GENでの試写にトライした。

この赤道儀は極望など存在しない時代のもので古典的な赤道儀ですが小型、軽量、堅牢で当時のD型と並んで名機と言えるでしょう。

328とM-GENをアルカスイスでTS-50型赤道儀に搭載。スカイメモに比べると非常にとり回しが良くストレスはありません。

ts-50.jpg

元々PoleMaterはTS-50赤道儀やH-40型用の取り付けアダプターが用意されていないのですが

タカハシのHD-3モータードライブ用の取付金具を所有しているのでこれでEM200や90sのアダプターで装着可能になるのでラッキーでした。

ts-502.jpgモータードライブはビクセンのMD-4です。

コントローラーだけ90s赤道儀と兼用しているのでM-GENオートガイダーにも対応する。

このMD-4のモータはたしかビクセンの知り合いに30年程昔に90s用の赤緯用にモーターユニットだけ分けてもらった物。 これが1/125ギヤヘッドなのでそのままでは恒星時追尾ができないのでモーターと赤経軸には減速比1:2.4の平歯車をかましています。

(ビクセンのMD-4のモーターは1/300ギヤヘッド付が標準でモータ出力軸と赤経軸をカプラーで直結というのが標準仕様なので本来は平歯車は不要)

PoleMaster自体の使用方法はネットで調べる程度でリハーサルなし。

簡単で画面の指示通り操作すれば問題ないです。

この日の夜はよく晴れたのですが早い時間帯だったのと透明度が非常に悪く、4等星までしか見えませんでしたが何とかテストできました。

Tamron 300mmf2.8->3.5

NIKON D610改造 ,240Sx8枚 R64相当フィルター ISO1600

L+RGB合成に挑戦したのですが私の技術ではうまく現像できません。

これはL画像です。

M42-300f35-Lx8mono.jpg

こっちは一応L+RGB合成ですが難しいですね。

L240Sx8枚 RGB 120Sx4 ISO1600

M42LRGB-2.jpg

月の出の21時30分過ぎから撤収開始して自宅に着いたのは22時40分頃でした。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面