秋の銀砂を切り取り LRGB タムロン SP 180mm f2.5LD 白鳥座北部

コメント[0]

7/9の太郎坊、一番下の第三駐車場で撮影した1枚です。いわゆる秋の銀砂を切り取りました。

この辺りの領域は派手な星雲、星団はありませんが秋の銀河の始まりで空の条件が良い場所では

ペルセウス座〜カシオペヤ座あたりから連なる銀河がちょうど砂がちらばっているように見えてとても美しいです。

スカイメモRSに搭載したタムロン SP 180mm望遠で、M-GENを搭載してオートガイドで撮影しました。

L画像はR64相当をかませ5分、RGB画像はUV/IRを使用して2分露出です。

M-GENのおかげでスカイメモでも180mmはもちろん328クラスでも安心して撮影できますのでありがたいと思います。

★白鳥座北部の銀砂

7/9 富士山太郎坊にて。NIKON D610改、tamron 180mm f2.5->f3.5

L画像(R64):300sx3+RGB((UV/IR)):180秒x5枚,ISO1600、スカイメモRS+M-GENでオートガイド、Dark、Flat処理(YIMG)、PS CCで調整 表示

写真の中央上のやや左に小さなボール状の星雲がありますが、

暗黒帯のうねり具合がちょうどこれが砂上を動き回ったみたいに見えます (^^ゞ 表示

20160709-kefe180mmf35-300sx3+180sx3-1.jpg

L画像はもう1枚撮影したのですがちょうどヒーターの電源が無くなり結露のために残念ながらNGになりました。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面