AZ-EQ5GTとPoleMasterの運用

コメント[0]

先月購入した赤道儀、スカイウォッチャーのAZ-EQ5GTにPoleMasterの取り付けで

他の赤道儀との使い回しを考慮すると少々問題が出ました。

下の写真はPoleMaster本体をAZ-EQ5GT用のプレートに装着した状態です。IMG_20160728_220243.jpgPoleMasterは赤経軸の横にプレートで取り付ける形式となっています。

IMG_20160728_210325.jpg

これ自体は問題なく赤道儀からの脱着もネジ2本を工具不要で可能なので簡単です。

しかし実際に取り付けてみると他の赤道儀と使い回しがすぐにできないことが分かりました。

AZ-EQ5GT用の取り付けプレートはタカハシ用などに使われてる本体側に装着のベースアダプターを取り外し、代わりにこのプレートをネジで止める仕様のため、

実質タカハシには装着不可となりAZ-EQ5GT用になります。

都度本体をプレートから外してベースアダプターに装着する形になりますので

運用上手間がかかるし事故の原因ともなります。

思案の結果以下の様にベースアダプターをプレートと共締めする事にしました

写真の様にプレートが本体とベースアダプターとの間でサンドイッチ状態になります。

IMG_20160728_210146.jpg若干、簡単な加工とネジの変更が必要です。

まずAZ-EQ5GTのプレートの本体取り付け用ネジ穴

3個を3ミリドリルで貫通穴にします。

これでネジが通りますのでベースアダプターで共締め出来ます。

付属のネジではプレートの厚み分長さが不足するため

別に3ミリで長さ25ミリのネジを3本用意します。

これで共締めはOKです。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面