Explore Sientific N208CF M81/M82 、リモコン化の近況

Explore Sientific N208CF M81/M82 、リモコン化の近況

コメント[2]

3月4日の晩がファーストライトとなったES社のN208CFによる2枚目の写真です。

おおぐま座のM81/M82系外星雲ですが遠征で最も長い露出時間となり合計66分となりました。できれば2時間以上だといいですよね^^

あと画像処理にNik CollectionのAnalogEfeXを使用してみました。細部の表現が若干良くなった?ようです。

■M81/M82系外星雲(おおぐま座)

透明度が良かったので常用しているNIKONの8x30双眼鏡でも並んでいるのがなんとか確認できましたが

ちょっと重いけどまた10x70を持参したほうがよさそう。

20170304-208mmHR-M8182-3mx22-ISO3200CUT.jpg

■撮影データ

3/4 山梨県小菅村(舗装)、外気温-2度(実測)

Explore Sientific N208CF+HRコマコレ、Nikon D610(IR改造)、合成F4.1(fl860mm)、ISO3200、3分x22枚、 トリミングあり。

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。

ダーク減算とバイアス補正、フラット、スタックはDSSを使用。色調整はPS CC 2017、ノイズ処理、シャープネスはNik Collectionを使用。

■望遠鏡のリモコン化の近況

最近は安定運用に入りました。

PoleMasterによる極軸のセッティングとアライメント、ピント調整だけは望遠鏡のそばでの操作になりますが、それ以降の天体の導入、構図合わせ、M-GENでの追尾・ドリフトチェックから撮影までリモコン操作で運用できるので快適です。net.USBデバイスサーバを導入してよかったと思います。

今回から外部電源付のUSBハブに変更したのですがたまにフリーズしていたPoleMasterの動作が安定しました。

USBのデータ転送方式の制約のようなので望み薄ですが、net.USB経由では不安定なZWO ASI1600MM-CoolもこのHUBに接続して再度試してみる予定です。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

こんばんは
いつアップされたんでしょう
頑張ってますねそしていいですね
しかし重量でガイドがどうかっていう危惧は完璧に
めでたく霧散してあの露から霜になったのでは⁈
実は当方も獅子座のトリオもこちらボーデの銀河も
土曜日にはもうかれこれ20回目くらいの
トライアルをしてました
マイナス20℃14/25のゲインで2分12枚でした
残念ながらダーク補正が上手くいかなかったり
DPP4での補正が下手くそで比べられない
情けない上がりなのです
ところでいつも思ってるのですが
82の方は不規則っぽいところを残しつつ
81の渦もはっきりさせるって結構難しいですよね
本当におこがましいにもほどがありますが
拝見させていただいていい刺激と励みになります
改めてこれからもよろしくお願いいたします

crisp63さん
おはようございます^_^ 記事は時間指定で18時に公開しました。
写真のコメントありがとうございます。こちらこそ励みになります。
AZ-EQ5GTもならし?が終わったのか最近調子が良いので今度はextenderにも挑戦してみます。

ebayで手に入れたコリメーターアイピースが昨日到着したのでレーザーと併用して追い込みたいと思います(^^)

ダークが不調とのことですがSS-ONEでフレームが取得できなかったなでしょうか?或いはYIMGで何か問題でも。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面