Explore Sientific N208CF ファーストライト 試写

Explore Sientific N208CF ファーストライト 試写

コメント[2]

3月4日(土)の晩はES社の208mm反射でのファーストライトになりました。一晩中快晴の絶好のファーストライト日和でした^^

208mm+HRコマコレの実力はいかに?ピントは完璧ではありませんがまずまずの結果です。光軸修正だけしてリハーサルはなしでの遠征です。

やはりM42T2リングの制約もあり4隅は完全にけられています。

純正のM48用アダプターが合わないので早くM48で撮影したいものです。

■しし座のトリオ系外星雲(M65/M66/NGC3628)

今回はフラットフレームありです。

20170304-208mmHRAVG-M65-3mx19-ISO3200CUT.jpg

■撮影データ

山梨県小菅村(舗装)、外気温-2度(実測)

Explore Sientific N208CF+HRコマコレ、Nikon D610(IR改造)、合成F4.1(fl860mm)、ISO3200、3分x19枚、 トリミングあり。

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。

ダーク減算とバイアス補正、フラット、スタックはDSSを使用。色調整はPS CC 2017、ノイズ処理、シャープネスはNik Collectionを使用。

こちらはトリミングなしです。M42T2リングを使用。APS-C推奨ですのでこんなものですか。

しかしNIKON DSLRのフラットの形状が難しくて...うまく当てる方法がないですかねー

20170304-208mmHRAVG-M65-3mx19-ISO3200.jpg

ちなみに実験的に試写したM48Tリング+AC4クローズアップでは4隅のケラレはずっと少ないです。

しかし像は甘く、コマ収差の補正も効いてませんがこんな感じです。

≫続きを読む

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

おはようございます
土曜日はお疲れさまでした
ずっと懸念されてた重量問題はクリアのよう
撮影結果も良くてまずはおめでとうございます
長いこと待った甲斐があったですね
ますます楽しみ広がりますね
当方もCMOSとDSRの連動がソコソコで
次の新月期にはカメラレンズ用結露防止対策で
もっとワクワクしたいと思ってます
過去一番嬉しい結果にワクワクした夏の星雲たちも
薄明前に登って来るようになりましたしね
またよろしくお願いします

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面