ES N208CF運用の課題などの備忘録

ES N208CF運用の課題などの備忘録

コメント[4]

先日の3月4日の晩に山梨県小菅村で初運用したN208CF、208mmニュートン+HRコマコレですが特に問題も発生せず終わりほっとしました^^

下の画像は明け方撤収前のものです。

IMG_20170309_143223.JPG

少ないのですが良かった点と今後気をつけるべき点を整理して一層の向上を目指したいと思います。(備忘録も兼ねるメモです)

1.光軸修正

購入してから到着時は例によって光軸はずれずれでした。斜鏡のスパイダーの締めも甘かったです。

事前に試写はしなかったものの結果をみると調整がうまくできたようです。しかしスパイダーのテンションネジが再度緩んでおり今回撮影に一部影響したと思う。

IMG_20170305_125910.jpg

これは鏡筒が馴染む?までの現象なのか遠征のたびにネジの様子を確認しないといけないのか要監視。

2.AZ-EQ5GT赤道儀

PoleMasetrによる極軸セッティングはPCに北極星を導入後はあっという間に完了します。これは安定運用と時間短縮の大きな要となります。

心配だったAZ-EQ5GTへの208mm鏡筒の搭載ですがリモコン化したこともあり搭載重量オーバーという感じでのストレスは全くなく今後も運用できそうです。

バランスも取りやすくさくさくと動きます。しかし今回は無風に近かったので風がある時に安定するかは未知数です。

3.自動導入

アライメントはEQASCOM+SkyChartでは非常に簡単で2~3ポイントで調整で基本的にほぼドンピシャリです。操作も何も考えずにできるようになりました。今のところEQASCOMによる制御は快適なので標準のSynScanコントローラーは緊急時以外、使用することはないかと思います。

4.ガイド

≫続きを読む

Track Back

Track Back URL

Comments [4]

No.1

こんにちは
月の明るい今日この頃は
やっぱり準備に没頭でしょうか
こちらも先ほどカメラレンズ用
“横田さん”出目金ヒーターが届き
夕方にガイド鏡用軽量鏡筒バンドが届いたら
ウエイトバランス再調整から始めて
ガイド鏡ピント調整やら相変わらず
アナログチックに頑張ろうと思います
しかし新兵器投入もうまくいったすぐ後の
お察し

crisp63さん、こんにちは。208mmは運用できる目処が立ったのですが毎回2階の棚から移動するのでちょっとこれが難点ですかね。
満月期にいろいろ準備、調整するのも楽しみですね。
次回はASI1600MM-CoolにFC-50あたりで出撃しようかと考えてます。
またお会いしましたらよろしくお願いします。

No.2

すいません間違って投稿ボタン押しちゃいましたが

お察しして余りある満月期ですね

どうもこちらのサーバーに問題がありそうです(^_^;)
出目金ヒーターにて結露解消できそうで次回が楽しみですね。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面