遠征用に軽いバッテリーを2個購入しました

遠征用に軽いバッテリーを2個購入しました

コメント[2]

このところ体力的にきついので軽いバッテリーを買ってしまいました(^-^)

ASI1600MM-Cool、冷却CMOSカメラやAZ-EQ5GT自動導入赤道儀が電気大食いのため36Ahx2やデイープサイクルの90hAを使用してましたがいかんせんどちらも20キログラム以上あるので体力面とモチベーション的に遠征のネックになっていました。

IMG_20170326_114536.JPG

購入したバツテリーはどちらもリチウムイオンでいわゆるポータブル電源と言われる物で合計で7kgなので10kgの小型自動車用36Ah鉛バッテリーより軽いです。写真にはサイズ比較のためタカハシのFC-50鏡筒を置いてます。

右の大きいほうは「suaoki ポータブル電源」で容量は120000mAh ですが重量はたったの5.6キロです。

スペックだけコピペすると

[入力方法3WAY]本体容量:120000mAh/400Wh 入力:ACアダプタ:14V~40V(標準:72W/29.4V) カーチャージャー:12/24V ソーラーパネル:10A(最大)/14V~40V

  • [出力方法5WAY]AC :110V/60Hz ( 最大300W、純正弦波) ジャンプスタート:12V/600A (最大) USB:5V/3.5A(最大) x 4 DC:12V/3A x 2 シガーライターソケット:12V/120W
  • [LCD大画面表示]三つのボタンにより、充電、DC出力とAC出力を選択できます。そして、電池残量、放電、充電状況などもLCDスクリーンに見やすく表示されます。
  • [付属品]充電用ACアダプター、車の充電ケーブル、ソーラー充電ケーブル、ジャンプスタータークランプ、取扱説明書
  • 寸法:230mm(L)x 140mm(W)x 230mm(H) 重量:5.6Kg 

画像には写っていませんがソーラーパネルも購入しました。

左の小型のものは重量は1.4キロの「Rockpals ポータブル電源 」で容量40800mAh 150Whですがかなり軽量です。

出力はDC3ポート(9V~12.4V、15A)、),USB2ポート(3.1A)、AC(100W)なのでスカイメモや冷却カメラを使用しない時に使用する予定です。

これで遠征のあと襲ってくる腰痛とはオサラバできるといいのですが。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

すごいなぁ120000mAhですか!

こっちは機動力重視(値段重視?)で、先日
「ポラリエ」を中古で買ってしまったので
単三2本で運用しているわけですから
別世界ですね

単三電池って、使用条件にもよるけど
0.1Ahくらいだろうからなぁ (-_-)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面