夏の銀河 4/28 山梨県甲州市遠征

夏の銀河 4/28 山梨県甲州市遠征

コメント[2]

4月28日の晩に山梨県甲州市に遠征した際に撮影した夏の銀河です。薄明直前に撮影です。

当日は気温が結構下がり、標高が1000mm以上ある場所のため-2度、深夜の2時前には霜が降りました。今の時期は晴れると長野県の野辺山などの山間部では-5度以下になることがありますので注意が必要です。そのかわり透明度が良い事が多く、銀河が良く見えますのでこれは寒さとのトレードで致し方なしですかね。

今回の写真はスカイメモQでNIKON D610、ISO3200、40秒x6枚という非常に気が楽なショットです。当日はAZ-EQ5GT+MEADE 15cm反射とスカイメモQの2台で運用する予定が現地に到着して三脚キャリーケースを開けてびっくり、スカイメモRS用アダプターをセットしたSXG-HAL130でした。なんともみっともない結果でした。三脚架台が全部違い互換性がないので無理。

20170428kosyu-35mmf2840sx6-3200.jpg

■撮影データ

2017年4月29日 山梨県甲州市にて。今回はフラット画像を取得してフラット補正を行いました。

NIKON D610(IR改)、NIKKOR 35mmf2->f2.8、40秒x6枚、スカイメモQにてM-GENオートガイド

DSSでダーク、フラット、バイアス補正、PS CC、NIK-Cで画像処理。

さて山梨県甲州市といえば旧塩山市ということで30年以上前は柳沢峠の駐車場によく出かけていました。柳沢峠は標高が1500mm近くあり甲府盆地の明かりが気になる以外は非常に良かったのですが立派なトイレができてから照明が明るくなってしまい利用できなくなり残念です。

撮影地の空の条件は柳沢峠より小菅村より奥まった場所のためさらに条件は良いです。例によって東は関東平野の光害、北東から北は真っ暗。西は甲府盆地の光害が若干ありです。南天の空の暗さは写真にてご想像ください。

kousyuCity.jpg

早朝、機材を片付けて帰宅する直前に撮影。銀河と同じ方角の大菩薩峠方面をバックにしました。明るくなってからわかったのですが駐車位置から20メートルぐらい移動すれば林を避けて南天の視界がよくなります。小菅村より15キロ程距離がありますがサブとして今後利用できそうです。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

おはようございます
こっちは埼玉県の田圃のまん中で朝を迎えました
回りは田植え準備中の田んぼで、薄く霞がたなびいています
最近多いことなのですが、観測地に夜中に着いたらすぐに車の中で寝てしまって、そのまま朝を迎えるというやつです。
さっき目が覚めました

おはようございます。遠征お疲れ様です。昨晩も夜半から天気が良くなり良く星が見えましたね
歳には勝てず、私も現地到着後に体が動かなかったことがあります。
物忘れも多いw 

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)





にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面