天体写真 一覧-1ページ目-GEMANIA

8月19日の晩に雷雲去った後の富士山太郎坊第三駐車場での1枚、28mm広角レンズのほぼ開放で像悪し、東側は月明かりでカブリ(一応補正も実施)というぼろぼろの状態ですが、それでも空が良かったのでよく写りました。

20170819-akiginga28mmf230sx4-3200-1.jpg

■撮影データ

NIKON D610(IR)+SIGMA HS WIDE 28mmf1.8->f2、露出30秒x4枚(AZ-EQ5GTでガイド)、ISO3200、YIMGでダーク、フラット補正。PSCC2017で調整。富士山太郎坊第三駐車場にて。2017/08/20

8月19日は太郎坊に19時過ぎに到着後すぐにAZ-EQ5GTの極軸合わせをしたのでなんとかガイド撮影もできました^^

しかしその後すぐに雲が広がり22時頃から雷雨となりかなり土砂降り状態でひどいものでした。FC-50+NIKON D610と180mmED+ASI1600MM-Coolを乗せたままカバーでしのぎましたが、普通ならこれで撤退でしょうが私の隣で設置していたもうお一方と一緒に粘って居残りです。他の方は0時前に全員撤退。

仮眠から目覚めた深夜2時頃から晴れてきました。(ただし天気雨のため3時頃まで撮影はできませんでした)

ところで一緒に最後まで粘ったお隣の方は結局朝まで熟睡されていたようでした。

ちょっと心残りなのは設置に忙しく、その後は雷雨だったためこの方とは会話ができませんでした。故に様子がわからないため、晴れたのに声をかけていいやら判断ができず放置。、せっかく晴れたのに申し訳なかったのですがこの辺り遠征先ではいろいろありますからね。

8月5日の晩に撮影したNGC7000(北アメリカ星雲)とペリカン星雲ですがやっと画像処理が終わりました。

Hα画像は16枚撮影したのですが安定していたAZ-EQ5GTのDECの動作が不調で途中でRAのみにしたショットのみ使用可能でした。原因を追究しつつ、次回からはこの程度の焦点距離は2軸ガイドをやめようと思います。

満月近くの月があったため8/5のRGB画像はないのですが8月19日の晩にも追加撮影ができず、結局、気にいりませんが1年ほど前のタムロンSP 180mmLD+NIKONデジカメで撮影したRGB画像を使用しています。

2017-0805-NGC7000-CUT2-AF180mmf4-L3mx7Gain300160709-180mm35D610-3mx3-1600.jpg

Hα:NIKKOR AF 180mmED f2.8-F4+ASI1600MM-Cool、3分x7枚、AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド、2017年8月6日、富士山太郎坊第三駐車場にて。

RGB:tamron SP 180mmLDf2.5->f3.5+NIKON D610(IR)、3分3枚、スカイメモRS+M-GENオートガイド2016年7月6日、富士山太郎坊第三駐車場にて。

DSSでフラット、ダーク、バイアス補正、PSCC2017でLRGB合成処理。

こちらはL画像に使用した8/5のHα画像(モノクロ)のみです。撮影時はまだレンズマウントが無かったのでスケアリング不良で像が一部ボケてますが、まずまずのピントです。

2017-0805-NGC7000-CUT2-AF180mmf4-L3mx7Gain300.jpg

雲たなびく富士山と沈むはくちょう座です。

はくちょう座が西に傾いてくるとそろそろ夏も終了という感がありますね^^

今日の明け方に撮影した富士山と一緒に沈むはくちょう座を狙いました。一発撮りの固定撮影です。ペルセウス群の流星も偶然写りました。(最大約1等星ぐらい)

太郎坊は夜半に激しい雷雨があり3時ごろから晴れてきました。予測では0時ごろから雷雲が去ると踏んでいましたが西側に結構大きな雷雲が居座っておりました。

20170819-kotei28mmf230sx1-3200-2.jpg

■撮影データ

NIKON D610(IR)+SIGMA HS WIDE 28mmf1.8->f2、露出30秒(固定)、ISO3200、YIMGでダーク、フラット補正。PSCC2017で調整。富士山太郎坊第三駐車場にて。2017/08/20

山小屋の照明が結構明るいのですが登山者のライトもあっちこっちで光っており、昇っているので当たり前ですが時間がたつと結構高度が上がっていくのがわかります。

雷雨の後の星空は短時間でしたが非常に美しかったです。

梅雨明けから関東・甲信地方は戻り梅雨? 天候不良のため7月26日の晩は三国峠から先の新潟側は雲が少ない予報だったので新潟県南魚沼市に遠征しました。

自宅を午後の3時頃に出発して、途中赤木高原SAでの夕食と現地での買出しをして観測地に到着したのはまだ夕暮れが残る時間でしたがドン曇りでした。

IMG_20170727_090833.jpg

しかし予報どおり9時過ぎから星が見え始め、関東周辺では見れない黒いバックグランドと濃い銀河を見ることができました。富士山より銀河すごく良く見えると嫁も喜んでおりました。

■はくちょう座の銀座通り

北アメリカ・ペリカン星雲、γ星付近~網状星雲など、散光星雲の銀座通りを撮影しました^^

20170726-uonuma-Hakucyo50mmf35-Ha3mx8R3mx5GB3mx4-Gain300.jpg

撮影機材はASI1600MM-Cool+NIKKOR Ai 50mmでフルサイズ換算で100mmになります。

■撮影データ

NIKKOR Ai 50mm f1.4->f3.5+ASI1600MM-Cool、冷却温度:-21℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):3mx8枚、R:3分x5枚、GB:各色3分x4枚(合計:63分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。AZ-EQ5GT+M-GENでオートガイド、トリミングなし。タブレットRDPによるリモコン運用。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

LRGB合計で63分露出です。120分予定は雲の飛来のため時間切れとなりちょっと残念でした。それでも光害の影響が少ない場所のため星雲はよく写ったと思います。

画像はR画像を撮影中のSharoCapのスクリーンショットです。

Screenshot_2017-07-26-23-59-52.jpeg

ランダムに出没する雲と2度ほど霧に包まれ中断が多く、苦労しましたがなんとか1枚撮影を完了。撮影は雲が切れた10時頃から日をまたいで1時過ぎの3時間以上も望遠鏡に張り付き状態。終了後は疲れがどっと押し寄せ、コーヒーを入れてもらい、その後自動車で30分ほど横になっておりました。

明け方はペルセウス群の流星もけっこう流れたので雲が多いものの新潟まで遠征してよかったと思います。

写真は明け方にD610+sigma 28mmf1.8(f2.8),ISO1600で撮影した秋の銀河、というより出没した雲の様子です。

(1枚撮り、ISO1600で1分露出)

28mmf28-1600-1m.jpg

IMG_20170727_095252.jpgIMG_20170727_095805.jpg

帰路は塩沢宿を散策後、道の駅で買い物と食事をして関越道から自宅に向かいました。また機会があれば遠征したいと思います。

太郎坊ではくちょう座のサドル星雲をタカハシFC-50+ASI1600MM-Coolで撮影しましたがRチャネルにL画像を(Hα 6ns半値幅)をミックスしましたが真っ赤になりました。

※7/24にLとRGB画像のバランスを変更して再処理しました。

雲の飛来があったのでRGBが露出不足なのが残念。

20170717-SaddleFC50mmBORGAC2-ASI1600MM-(Ha3mx8)(RGB3mx3).jpg

この日は雲が多く、HαとG画像を撮影中に雲が通過したため輝星がにじんでおります^^

■撮影データ(LRGB)

富士山太郎坊第三駐車場にて撮影。

タカハシFC-50+ASI1600MM-Cool、BORGx0.85+AC2レデューサー併用。約F5.0(fl250mm)、冷却温度:-21℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):3mx8枚、RGB:各3分x3枚(露出時間:51分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。AZ-EQ5GT+M-GENで2軸オートガイド。トリミングなし。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。NIK-Cでノイズ処理。

富士山太郎坊は今の時期は第三駐車場が使用できるようになり登山道付近にある街灯の影響を受けにくくなりました。

今回はLRGBの元画像も掲載します。

≫続きを読む

先週末は出かけたい気持ちを我慢して、翌日は仕事でしたが7月17日の晩に富士山太郎坊に遠征しました。(9月10日の正午まで5合目はマイカー規制中で通行不可です)

今回の機材はAZ-EQ5GT赤道儀、タカハシ FC-50とNIKKOR Ai 50mmレンズ、カメラはZWOのASI1600MM-Coolです。

予想通り現地到着後の9時過ぎには雲が切れてきて、晴れ間が多くなりましたが活動時間帯は雲が多かったので被写体に苦労しました。

■わし座からへびつかい座の銀河

ちょっと変わった構図になりましたが雲が少ない方向なのでこのような形になりました。銀河を切り裂く暗黒帯のほかにNGC6633などの散開星団も多いエリアです。今回、ASI1600MM-Coolに装着しているNIKONマウントに真鍮テープを貼りガタをとりましたのでピントが良くなりました。

20170717-50mmf35-ASI1600MM-Ha(3mx2)RGB(2mx5).jpg

RチャネルのHαを加えたので銀河のもっこり感がでました。フルサイズ換算で100mm相当の画角です。

■撮影データ(LRGB)

富士山太郎坊にて。

NIKKOR Ai 50mm f1.4->f3.5+ASI1600MM-Cool、冷却温度:-21℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):3mx2枚、RGB:各2分x5枚(合計:36分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。AZ-EQ5GTで自動ガイド、トリミングなし。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

結局、月出後の1時過ぎに現地を出発して自宅に到着したのは2時半過ぎでした。表富士周辺は高速が利用できるので時間セーブが可能な良い観測地です。

6月20日 山梨県小菅村で撮影した1枚です。南中直前のさそり座~いて座・たて座の銀河です。光害の影響著しく、イマイチの仕上がりなので後で再処理する予定。

次回は夏の大三角形を撮影したいと思いますが、晴れて欲しいですね。

※画像を再処理しました。7/4

20170619-sasorTOgingai28mmf28-2mx8-1600-2.jpg

■撮影データ

2017年6月20日 山梨県小菅村にて。

NIKON D610、SIGMA HS ASPH 28mmf1.8->f2.8、2mx8枚(合計:16分)、ISO-1600、USBヒーターで結露防止。スカイメモRS自動ガイド。DSSでダーク、フラット、バイアス補正。PSCC2017で調整。

6月19日の晩に手に入れたばかりのSIGMA 28mm f1.8 High Speed Wide ASPHの試写をしました。20年以上前のオートフォーカスの広角レンズで一応アスフェリカルです。本当は新しいDGが欲しかったのですが1/3以下の値段の旧型のHSで我慢しました。絞りはf2.8で、周辺で若干乱れるものの星像はまあまあでお買い得でした^^

光害の影響で低空はかぶっていますので色がおかしいです。

20170619-sasorgingai28mmf28-2mx10-1600-1.jpg

■撮影データ

山梨県小菅村にて。

NIKON D610、SIGMA HS 28mmf1.8->f2.8、2mx10枚(合計:20分)、USBヒーターで結露防止。スカイメモRS自動ガイド。DSSでダーク、フラット、バイアス補正。PSCC2017で調整。

構図がアンバランスですが、南東から昇ってきたさそり座と夏の銀河を撮影しました。

こちらは薄明直前に南中した銀河です。

20170619-nanchugingai28mmf28-2mx4-1600-1.jpg

■撮影データ

山梨県小菅村にて。

NIKON D610、SIGMA HS 28mmf1.8->f2.8、2mx4枚(合計:8分)、USBヒーターで結露防止。スカイメモRS自動ガイド。DSSでダーク、フラット、バイアス補正。PSCC2017で調整。

梅雨時で天候は思わしくないですがこの新月期にもう一度、遠征できるといいな。

6月19日の月曜日は梅雨の中休みで夜間も晴れそうだったので夕方から小菅村の某所に出かけました。

遅い時間だったのですが、だめ元でCrisp63さんにメールで連絡。すぐご返答があり、結局、奥武蔵行きの予定をわざわざ変更して小菅村にお付き合いいただきました。当日は22時頃までは寝ぼけた空模様でしたが夜半過ぎからいて座、たて座~さぞり座周辺の銀河が良く見える良い天気。天頂付近は空が黒々としてはくちょう座、こと座周辺の星がきらめいておりました^^しかし下界も良く晴れていたため低空はいつもより光害が目立ったようです。

今回の機材はスカイメモRSのお手軽装備ですがタカハシFC-50にASI1600MM-CoolでM8散光星雲を撮影しました。

PSCC20170619FC-50BORGAC3-M8-300GLRGB2mx8-2mx4.jpg

LRGBのバランスが比較的良かったようで自然な描写になったようです。

■撮影データ(LRGB)

山梨県小菅村にて。

タカハシFC-50+ASI1600MM-Cool、BORGx0.85+AC3レデューサー併用。約F4.5(fl250mm)、冷却温度:-25℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):2mx8枚、RGB:各2分x4枚(合計:40分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。スカイメモRS+M-GENオートガイド。トリミングあり。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

翌日はお互いに仕事だったので2時ごろに撤収して帰路につきましたが、仮眠したものの体が動かず、会社はお休みとさせてもらいました^^

自業自得ですが今週はめちゃくちゃ忙しくなり遠征の疲労もあり、ちょっとバテ気味です。

没にしようと思いましたが5月27日の晩、28日の明け方に撮影した銀河を掲載します。

表富士の富士山五合目は南側に三島、富士市など市街地が近くにあるため低空はご覧のとおりになります。

撮影開始直後は低空に雲はありませんでしたが予報より遅れて南から雲が襲来したため光害の影響が普段より大きくなってます。

20170527-LRGBankokugingasasori35mmf4-L5mx8RGB2mx5(2)-1600.jpg

NIKON D610(IR)、NIKKOR 35mm f2->f4、L画像:5分x8枚、RGB:2分x2枚(5枚のうち2枚を採用)、PSCCで合成と画像処理。スカイメモQで自動ガイド。富士宮口5合目で撮影

富士宮口5合目では稀にふもとが雲海に覆われて市街光を遮断することがあります。東京は雨で、標高2000メートル以上で雲の上に出たことが何度かありましたが、そんな時は五合目から見ると黒々とした雲で一面覆われていて下界は遮断され、非常に美しい星空を見ることができます。

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面