遠征 一覧-1ページ目-GEMANIA

8月19日の晩に雷雲去った後の富士山太郎坊第三駐車場での1枚、28mm広角レンズのほぼ開放で像悪し、東側は月明かりでカブリ(一応補正も実施)というぼろぼろの状態ですが、それでも空が良かったのでよく写りました。

20170819-akiginga28mmf230sx4-3200-1.jpg

■撮影データ

NIKON D610(IR)+SIGMA HS WIDE 28mmf1.8->f2、露出30秒x4枚(AZ-EQ5GTでガイド)、ISO3200、YIMGでダーク、フラット補正。PSCC2017で調整。富士山太郎坊第三駐車場にて。2017/08/20

8月19日は太郎坊に19時過ぎに到着後すぐにAZ-EQ5GTの極軸合わせをしたのでなんとかガイド撮影もできました^^

しかしその後すぐに雲が広がり22時頃から雷雨となりかなり土砂降り状態でひどいものでした。FC-50+NIKON D610と180mmED+ASI1600MM-Coolを乗せたままカバーでしのぎましたが、普通ならこれで撤退でしょうが私の隣で設置していたもうお一方と一緒に粘って居残りです。他の方は0時前に全員撤退。

仮眠から目覚めた深夜2時頃から晴れてきました。(ただし天気雨のため3時頃まで撮影はできませんでした)

ところで一緒に最後まで粘ったお隣の方は結局朝まで熟睡されていたようでした。

ちょっと心残りなのは設置に忙しく、その後は雷雨だったためこの方とは会話ができませんでした。故に様子がわからないため、晴れたのに声をかけていいやら判断ができず放置。、せっかく晴れたのに申し訳なかったのですがこの辺り遠征先ではいろいろありますからね。

8月5日の晩は手に入れたレンズの試写と避暑も兼ねて太郎坊に出かけました。

標高1400mmを超えますので、涼しかった(^-^)

太郎坊第三駐車場から。早朝は雲に隠れてしまいました。

IMG_20170806_061630.jpg

IMG_20170806_033118.jpg

新機材はNIKKOR AF 180mm f2.8 ED

たいしたものではなく、オールドレンズですが一応EDガラスを使用。論吉2枚以下で新品同様の美品です。タムロンの180mmと併用する予定です。

Screenshot_2017-08-06-01-42-51.jpeg

次回に試写した画像を掲載する予定です。

梅雨明けから関東・甲信地方は戻り梅雨? 天候不良のため7月26日の晩は三国峠から先の新潟側は雲が少ない予報だったので新潟県南魚沼市に遠征しました。

自宅を午後の3時頃に出発して、途中赤木高原SAでの夕食と現地での買出しをして観測地に到着したのはまだ夕暮れが残る時間でしたがドン曇りでした。

IMG_20170727_090833.jpg

しかし予報どおり9時過ぎから星が見え始め、関東周辺では見れない黒いバックグランドと濃い銀河を見ることができました。富士山より銀河すごく良く見えると嫁も喜んでおりました。

■はくちょう座の銀座通り

北アメリカ・ペリカン星雲、γ星付近~網状星雲など、散光星雲の銀座通りを撮影しました^^

20170726-uonuma-Hakucyo50mmf35-Ha3mx8R3mx5GB3mx4-Gain300.jpg

撮影機材はASI1600MM-Cool+NIKKOR Ai 50mmでフルサイズ換算で100mmになります。

■撮影データ

NIKKOR Ai 50mm f1.4->f3.5+ASI1600MM-Cool、冷却温度:-21℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):3mx8枚、R:3分x5枚、GB:各色3分x4枚(合計:63分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。AZ-EQ5GT+M-GENでオートガイド、トリミングなし。タブレットRDPによるリモコン運用。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

LRGB合計で63分露出です。120分予定は雲の飛来のため時間切れとなりちょっと残念でした。それでも光害の影響が少ない場所のため星雲はよく写ったと思います。

画像はR画像を撮影中のSharoCapのスクリーンショットです。

Screenshot_2017-07-26-23-59-52.jpeg

ランダムに出没する雲と2度ほど霧に包まれ中断が多く、苦労しましたがなんとか1枚撮影を完了。撮影は雲が切れた10時頃から日をまたいで1時過ぎの3時間以上も望遠鏡に張り付き状態。終了後は疲れがどっと押し寄せ、コーヒーを入れてもらい、その後自動車で30分ほど横になっておりました。

明け方はペルセウス群の流星もけっこう流れたので雲が多いものの新潟まで遠征してよかったと思います。

写真は明け方にD610+sigma 28mmf1.8(f2.8),ISO1600で撮影した秋の銀河、というより出没した雲の様子です。

(1枚撮り、ISO1600で1分露出)

28mmf28-1600-1m.jpg

IMG_20170727_095252.jpgIMG_20170727_095805.jpg

帰路は塩沢宿を散策後、道の駅で買い物と食事をして関越道から自宅に向かいました。また機会があれば遠征したいと思います。

先週末は出かけたい気持ちを我慢して、翌日は仕事でしたが7月17日の晩に富士山太郎坊に遠征しました。(9月10日の正午まで5合目はマイカー規制中で通行不可です)

今回の機材はAZ-EQ5GT赤道儀、タカハシ FC-50とNIKKOR Ai 50mmレンズ、カメラはZWOのASI1600MM-Coolです。

予想通り現地到着後の9時過ぎには雲が切れてきて、晴れ間が多くなりましたが活動時間帯は雲が多かったので被写体に苦労しました。

■わし座からへびつかい座の銀河

ちょっと変わった構図になりましたが雲が少ない方向なのでこのような形になりました。銀河を切り裂く暗黒帯のほかにNGC6633などの散開星団も多いエリアです。今回、ASI1600MM-Coolに装着しているNIKONマウントに真鍮テープを貼りガタをとりましたのでピントが良くなりました。

20170717-50mmf35-ASI1600MM-Ha(3mx2)RGB(2mx5).jpg

RチャネルのHαを加えたので銀河のもっこり感がでました。フルサイズ換算で100mm相当の画角です。

■撮影データ(LRGB)

富士山太郎坊にて。

NIKKOR Ai 50mm f1.4->f3.5+ASI1600MM-Cool、冷却温度:-21℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):3mx2枚、RGB:各2分x5枚(合計:36分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。AZ-EQ5GTで自動ガイド、トリミングなし。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

結局、月出後の1時過ぎに現地を出発して自宅に到着したのは2時半過ぎでした。表富士周辺は高速が利用できるので時間セーブが可能な良い観測地です。

6月19日の月曜日は梅雨の中休みで夜間も晴れそうだったので夕方から小菅村の某所に出かけました。

遅い時間だったのですが、だめ元でCrisp63さんにメールで連絡。すぐご返答があり、結局、奥武蔵行きの予定をわざわざ変更して小菅村にお付き合いいただきました。当日は22時頃までは寝ぼけた空模様でしたが夜半過ぎからいて座、たて座~さぞり座周辺の銀河が良く見える良い天気。天頂付近は空が黒々としてはくちょう座、こと座周辺の星がきらめいておりました^^しかし下界も良く晴れていたため低空はいつもより光害が目立ったようです。

今回の機材はスカイメモRSのお手軽装備ですがタカハシFC-50にASI1600MM-CoolでM8散光星雲を撮影しました。

PSCC20170619FC-50BORGAC3-M8-300GLRGB2mx8-2mx4.jpg

LRGBのバランスが比較的良かったようで自然な描写になったようです。

■撮影データ(LRGB)

山梨県小菅村にて。

タカハシFC-50+ASI1600MM-Cool、BORGx0.85+AC3レデューサー併用。約F4.5(fl250mm)、冷却温度:-25℃、Gain:300,Brightness:1、Gamma:50、L(Hα):2mx8枚、RGB:各2分x4枚(合計:40分)、USBヒーターでフィルターの結露防止。スカイメモRS+M-GENオートガイド。トリミングあり。

ダーク、バイアス補正およびスタックはDSSを使用。LRGB合成と色調整はPS CC 2017。

翌日はお互いに仕事だったので2時ごろに撤収して帰路につきましたが、仮眠したものの体が動かず、会社はお休みとさせてもらいました^^

自業自得ですが今週はめちゃくちゃ忙しくなり遠征の疲労もあり、ちょっとバテ気味です。

このところのすっきりしない空に嫌気がさして、5月27日の晩は富士山富士宮口五合目に行って来ました。去年の6月以来の遠征です。

予報通りに夜半から南から雲が押し寄せましたが標高2400mでの夜空は格別で、星はきらめき銀河も濃くて素晴らしい星空を楽しめました。標高が高いため気温は0度近くまで冷え込みました。

当日は陣地確保のため夕方の5時頃に到着。既にたくさん望遠鏡が並んでいましたがいつも陣取る場所をなんとか確保できました。

130mm反射とスカイメモQの設置完了。今回からAZ-EQ5GT赤道儀専用ケースを用意したため設置も間が短縮され撤収時の収納もしやすくなりました。

※2台分のスペースを使用してますが明け方は混雑しますので望遠鏡を移動しています。

IMG_20170527_184036.jpg

今回、新兵器のBluetoothのアダプター+SkySafariの運用2回目ですが、何ゆえか動作が不調で、導入はノートPC(タブレットでリモコン操作)で行いました。

ASI1600MM-Coolで撮影中のタブレットの画面です。6ns半値幅のHαでM8を撮影中。

Screenshot_2017-05-28-00-08-57.jpeg

朝になるとまじかに見える残雪の富士山、一面に広がる雲海が綺麗でした。夜間、5合目から水が塚公園の照明が見えなかったのでおそらく麓は曇っていたかも。

IMG_20170528_081028.jpgIMG_20170528_081006.jpg

夜が明けると登山道に近い駐車スペースはハイカーの車で満杯になります。

IMG_20170528_081052.jpgIMG_20170528_081034.jpg

5合目を8時30分に出て、自宅到着は10時30分でした。自宅からの距離は116キロですが八王子市からは圏央道から東名高速が利用できるので渋滞が無ければ時間はかからず貴重な観測地です。標高が高いので気候が厳しいので注意が必要ですが来月もまた遠征したいと思います。

5月20日の晩ですが、4月30日に続いて富士山太郎坊に遠征しました。当日の朝、後輩から小菅村へのお誘いがあったのですが残念ながら今回は同伴者がいたので泣く泣く断念。

天気は良かったのですがPM2.5+黄砂、ちょっともやもあり、前回と同様空の状態は悪く残念でした。AZ-EQ5GTを積み込んで20時近くに自宅を出発して、途中御殿場のリンガーハットで夕食後、買出しをして現地に到着したのが21時過ぎでした。

IMG_20170521_064611.jpg

今回の目的はM-GENのディザガイドに挑戦とリモコン化の新兵器、BTDirリモートアダプター+SkySafariの実運用確認っです。

トラブルもありましたがリハーサル通りできましたので良かったです^^

ディザは以前にjitandaさんと話題になったDSLR2台同時撮影です。

M-GENとの接続は単純に、

≫続きを読む

ゴールデンウイーク最後の遠征はみずがめ座η群の観望を兼ねてASI1600MM-Cooで撮影するため5月4日の遅い時間に自宅を出発しました。少しうす雲がありましたが明け方に流星と夏の銀河を見ることができましたので無理して出かけて良かったです。

観測場所はいつもの山梨県小菅村の某所ですが今回の機材はポタ赤のお手軽セットです。(写真は日陰のため色がおかしいです)

IMG_20170507_001541.JPGIMG_20170507_001750.JPG

ZWO ASI1600MM-Coolは昨年末からプチ変更していてフィルターは28mm(1.25インチ)から31mmのスレッドレスにサイズアップし3月頃にEFWに結露防止ヒーターを取り付けました。

IMG_20170505_071456.jpgIMG_20170505_071423.jpg

スカイメモRSは変更はありませんが再度ご紹介しますと一応、今時のオートガイドに対応します。外付けのボックスがオートガイドリレー(AutoGuide Labs製)でM-GENで利用しています。微動架台はK-ASTEC、VIXEN SXG-HAL130三脚用のアダプターはUNITEC製です。色々便利なものが揃うので良い時代ですね^^

撮影したものは構図がなんとも無理やり感ありありでお恥ずかしいのですが銀河の暗黒帯も写りました。(おまけで飛行機の光跡まで)

≫続きを読む

後になりましたが4月28日の後、30日に冬季閉鎖が解除されたばかりの富士山御殿場口登山道の太郎坊の駐車場に遠征しました。

今回はこちらで出撃しました。撤収前に撮影。

IMG_20170504_160904.JPG

自宅を夕方に出発し渋滞する東名高速上り車線を横目に下りはすいていてラッキーでした。

太郎坊は標高1500mm近いところですがなんと気温は8度ぐらいで暖かくて快適でしたが透明度が悪くねぼけた空で、星空はいまひとつでした。明け方に狙っていた夏の天体も低空の光害がいつもよりひどいため南中まで撮影はあきらめ状態です。やはり寒くないとだめですねー

MEADE LX70-150とExplore SientificのHRコマコレコレクターの相性は悪くないようですね。

■M101

20170430-M101-LX150HRC-5mx15-1600.jpg

■撮影データ 4月30日

富士山太郎坊駐車場にて。

MEADE LX70-150+Nikon D610(IR改造)、HRコマコレで合成F5.2(fl750mm)、ISO1600、5分x15枚、。

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。

ダーク減算とフラット、バイアス補正、スタックはDSSを使用。色調整はPS CC 2017、Nik-Cで処理。

■M13

20170430-M13-LX150HRC-5mx8-1600-1.jpg

■撮影データ 4月30日

富士山太郎坊駐車場にて。

MEADE LX70-150+Nikon D610(IR改造)、HRコマコレで合成F5.2(fl750mm)、ISO1600、5分x8枚、。

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。

ダーク減算とフラット、バイアス補正、スタックはDSSを使用。色調整はPS CC 2017。

今回、太郎坊ではお隣で運用していた30センチカーボンで有名な夜空の星狩りのYOCCHANさんと天文談義で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

ニュートン反射での撮影テクニックなどいろいろと教えていただきありがとうございました。

帰りは水ケが塚公園で残雪の富士山を楽しみました。

IMG_20170501_050551.jpg

関東地方ではゴールデンウイークは天候に恵まれて日によって透明度などの差はありますが良く晴れてますね^^

さぞかし皆さんも機材を積み込んでお出かけのことと思います。

良い天気に誘われて、4月28日の晩に続いて30日と5月1日も遠征してきました。30日は富士山太郎坊でしたがまだフラット画像の取得をしてませんので後回しにして5月1日の甲州市で撮影したものをまずは画像処理しました。

20170501-300m35mf-ginga3mx14UVIR-3200.jpg

当日は自宅を21時30分頃に出発し1時間40分ほどで現地に到着し、先着のくしてつさんと談笑後に組み立て300mmをメインに撮影しました。

当日は予告通りの?くしてつさんとご一緒でたのしいひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

肝心の夜空は天頂付近は黒々としていて夏の銀河もきれいに見えました。

■撮影データ 2017年5月2日 

山梨県甲州市にて(実測 気温-4度)

Nikon D610(IR改造)+tamron 300mm f2.8->f3.5、UVIRフィルター(German B+W):3分x14枚、ISO3200

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。

ダーク、フラット、バイアス補正はDSSを使用。色調整はPS CC 2017

撮影した甲州市は自宅から80キロほどですがちょうど南天には大きな市街地がないので夏の銀河が狙える貴重な観測地です。また周辺は山地で囲まれているため市街光の影響も少ないです。難点はちょっと離れたところにある街灯、1個がけっこう気になります。

予想はしていましたが標高は柳沢峠より低いのですが柳沢峠と同じく冷え込みます。今回は明け方には-4度ぐらいになり防寒も冬装備となりました。

冬場は凍結、根雪の状態なので寒い時期は走行するのはちょっと怖いですね。

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面