RPX-050 一覧-1ページ目-GEMANIA

続編です。思いついた順に記載します。

GEバリレラとは「General Electric Variable Reluctance Phonograph Cartridge」 の略で

これは完全に和製造語で海外ではGE VRとかで呼ばれているようだ。

発電方式はMMでもMCでもなく、独自の「Variable Reluctance」方式(バリレラ型)。

専用フォノアンプ経由がベストだが通常のMM受けのプリでも十分鳴らせます。

バリレラ型の仕組みについてちょっと説明すると2個のコイルが巻かれた大きな磁性体が本体内部に格納されていて

発電は針先の水平方向の振動による磁気流によるもの。

ちょうどエレキギターのピックアップ(コイル+磁性体)と弦(針先)との関係に近い。そのうち内部の写真も掲載します。

出音はストレートかつ骨太でまさにモノラル盤を聴くにはうってつけのカートリッジです。

オーディオ関連は下記のサイトに移動しました。

http://news.thebeatles-1.com/

rpxlp.jpg

オーディオ関連は下記のサイトに移動しました。

http://news.thebeatles-1.com/

米国General Electric社がかつて発売していたモノラルカートリッジバリレラ RPX-050を紹介します。

管理人はビートルズのアナログ愛好家ですが聴く道具としてこのカートリッジを愛用しています。

1950年頃に発売されたいわゆるビンテージものですが

モノラル全盛期のカートリッジなのでビートルズに限りませんが1950年から60年代にプレスされた

古いモノラル盤を再生するには非常に適したカートリッジです。

原盤を軸に日々聴いている方に一押しのものです。今回は定番のRPX-050トリプルプレー。

1.jpg

その特徴は

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面