元日に遠征した長野県八千穂高原で撮影したオリオン座です。

PS CCでレベル補正と色調補正、トーンカーブでRを少し持ち上げただけですがL画像にHα(半値幅6nm)を使用しましたのでいろいろともやもやが描写できました。

露出時間は70分です。

20170101-orion35mmf4-L(Ha)5mx7RGB5mx3.jpg

■撮影データ

ASI1600MM-Cool+NIKKOR Ai 35mm f2->f3.5、Gain300、冷却-20度、Brightness5、LRGB合成:L(Hα 5分x7枚)、RGB(各色5分x3枚)、DSSでダーク減算、加算平均、YIMGでLRGB合成、PS CC 2017で調整、

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド 2軸。フィルターは全てZWO製。

オールドレンズなので星像が甘いのが残念ですがASI1600MM-Coolの性能は素晴らしいと思います。

前回のM42もくもく、に続いてまた再処理ものでスイマセン。

昨年の12月29日に小菅村で撮影した魔女の横顔星雲もDSSでダーク減算、スタックなどの再処理をしてみました。

前回より荒れが少なく星雲の階調が若干改善したようです。

※BP660フィルターは半値幅40nmで660nm(透過率:97%),656nm(95%)のバンドパスフィルターです。

※3/1に再度処理を行いました。

20161229-300f28-majyo-L180sx12RGB120sx5-reprocess.jpg

再処理前の画像(記事)はこちらです。よろしければご覧ください。

魔女の横顔星雲は時期的に来週末あたりが最後のチャンスなので天気と相談ですが180mmレンズとツインで再度露出時間を増やしてチャレンジしたいと思います。

■撮影データ 

2016年12月29日 山梨県小菅村にて

Nikon D610(IR改造)+tamron 300mm f2.8開放、L画像(BP660):3分x12枚、RGB(UV/IR):2分x5枚、ISO1600

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。DigiCamControlで撮影。

ダーク減算とフラット処理、スタックはDSS、LRGB合成はYIMGを使用。色調整はPS CC 2017

■DigiCamControlを初めて使用した経緯

≫続きを読む

昨年の12月23日の小菅村遠征で撮影した 「328+BP660バンドパス オリオン座の中心部 もくもく 小菅村」 

LRGB合成で色ずれが出るので色々と試した結果スタックがうまくできてなかったようです ^_^;

写真をはじめた頃に使用方法がわからず挫折したDeepSky Stacker(DSS)にツールを変更したところ色ずれ、荒れも目立たなくなり階調も良くなったようです。

以前の記事はこちらになります。よろしければご参照ください。

■M42~馬頭星雲

※1/21に再度処理を行いました。

M42-300mmf4-LRGB240sx12120sx5-reprocess.jpg

■撮影データ 2016年12月23日 

山梨県小菅村にて

Nikon D610(IR改造)+tamron 300mm f2.8->f4、L画像(BP660):4分x12枚、RGB(UV/IR):2分x5枚、ISO3200

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(1軸)、PoleMaster使用。

ダーク減算とフラット処理、スタックはDSSを使用。LRGB合成はYIMG。あぶり出し・色調整はPS CC 2017で調整。

まだまだ勉強が必要ですが原因がわかりましたので試行錯誤も多いですが今年も出来るだけ遠征したいと思います (^^♪

1月6日の晩に今年初めて山梨県小菅村に遠征しました。目的は先送りしていていたオレンジ色の鏡筒、MIZAR 130mm F5.5 1/20λ鏡のファーストライトです。※今回の記事は長いです。

■AZ-EQ5GTに搭載した130SL 1/20λ

AZ-EQ5GTに搭載しましたがストレスはなく運用できました。

IMG_20170109_004931.JPG

オレンジ色の鏡筒といえばタカハシのε130ですが130SLは1980年代のMIZAR全盛期の逸品でした。

IMG_20170109_222633.JPG

主鏡のスペックは口径130mm、F5.5、fl720mm λ/20のステッカーが誇らしげです。

IMG_20170109_223857.JPG

今回はNIKONの純正接写パーツ+ステップアップリングで自作した0.85倍レデューサーを付けています。

自作といってもケンコーAC3クローズアップレンズを枠から外してレンズのみをNIKON接写マウントのパーツに移植しただけです。

当日の小菅村のGPVは若干微妙でしたが去年の12/29と同様に大月方面と秩父山脈に雲がかかる晴れ間の隙間のようでした。

快晴、無風、シーイング良好、気温-9度(実測)という絶好?の撮影日和。

さてファーストライトはおなじみのしし座の系外星雲群です。

≫続きを読む

昨年の12/23の小菅村で実施したDSLR編に続いて今回はASI1600MM-Coolでのリモコン化についてご紹介します。

今回は元日に遠征した八千穂高原で運用テストをしましたが非常に安定していて快適でした。

■八千穂高原で運用テスト中

IMG_20170108_205042.JPG

ノートPCの低温対策は本体を毛布で包みこみ電源はDCコンバータでバッテリーから供給しています。これで今のところ問題は出ておりません。

■システム構成

リモコン化の対象はAZ-EQ5GT赤道儀、ASI1600MM-Cool+MINIフィルターウィール、M-GENスーパーガイダ、PoleMasterになります。

ASI1600MM-Coolはnet.USBサーバ経由では不安定なためノートPCに直付です。このノートPCをデバイスサーバ兼AP(アプリケーション)サーバとして遠隔操作します。

※自動導入はできませんがスカイメモRSでも運用実績があります。

現状では以下の構成になります。いつかはnet.USBデバイスサーバを安定化させて利用したと思います。

■リモコン化システム構成図(ASI1600MM-Cool編)

20170108-AZ-EQ5GT-net.USB-wifiremoteASI1600MM.jpg

■機器構成について

①接続

ノートPCにWifiルータをLANケーブルで接続します。ASI1600MM-CoolとUSBハブをPCのポートに接続。

ノートPCは望遠鏡のそばに設置します。USBハブにはAZ-EQ5GT赤道儀、M-GEN、PoleMasterを接続します。

②リモート化と遠隔操作

AndroridタブレットからWifiルータ経由でAndoroid RDPアプリでノートPCに接続します。(いわゆるWInodwsのリモートデスクトップ機能、RDP)

これでタブレットからノートPCの画面の操作がすべてできます。ノートPCに導入してあるすべてのソフトウエア、機能を利用することができます。

通常行う有線接続ではノートPCで導入から撮影まで行いますがWifi経由のタブレットから遠隔操作するという事です。

ピント調整を終えた後は導入から撮影まで全てタブレットから操作できます。

※リモコン扱いのタブレットは電池の持ちがよい製品を選択するぐらいで良いと思いますが

ノートPCのOSはWindows7以上の Professional Editionが必要です。Home EditionではRDPは利用できません。

次に使用しているキャプチャーソフトのSharpCapとM-GEN Virtual UIの画面イメージをご紹介します。

≫続きを読む

新年明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。 本年も宜しくお願いします。

2017年の初遠征は嫁同伴でしたが元日に長野県の八千穂高原に出向きました。

八千穂高原出撃前に夕暮れの八ヶ岳。野辺山駅前にて

FB_IMG_1483257926209.jpg

気温も-8度と暖かく過ごしやすい天候でよかったです。

八千穂高原は1年振りですが偶然1年前にここでご一緒だった方とまたお会いできました。

本年の初ショットはM45、スバルです。今回はASI1600MM-Cool+tamron SP 180mm LDで撮影しました。

相変わらず2軸ガイドが不安定なため、撮影コマのうち9枚を廃棄しましたがこれはちょっと残念でした。

≫続きを読む

12/29の小菅村遠征から今年最後の掲載写真です。

本年は情報交換等お世話になりました。2017年も当ブログを引き続きよろしくお願いします。

また遠征先でお会いすることがあると思いますがその節もぜひよろしくお願いします。

2017年もよく晴れて無病息災でありますように。

■M42から馬頭星雲

今回はUV/IRフィルターで撮影しました。前回の遠征でBP660で撮影しましたが処理方法が悪かったのかいま一つでしたので再挑戦です。

トリミングなし。36枚で合計108分露出です。本当は40枚撮影したのですが4枚はいずこへ?

20161229-M42-180sx36-300mmf35-1600-1.jpg

■撮影データ

Nikon D610(IR改造)+tamron 300mm f2.8->f3.5、RGB(UV/IR):3分x36枚、ISO1600

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(2軸)、PoleMaster使用。net.USB/Wifiによるリモコン運用。

ダーク減算とフラット処理、スタック、LRGB合成まではYIMGを使用。色調整はPS CC 2017で調整、Lightroomで最終調整。。

UV/IRフィルターだけの撮影でしたので試写儀の後はピント再調整は不要で、時折PCでガイドのM-GENのガイド状態を確認するだけでした。

天気も心配がなかったので他に気にすることはなく撮影自体は楽勝でした。

今年最後の遠征は12月29日に山梨県小菅村のいつものところになりました。

午後掃除をしていたらfacebookで高校の後輩のたねむら氏が小菅村に行くのとの連絡があり

嫁にぶつぶつ言われながらも18時に出発して梅が谷峠を越え、古里で買出しで小休憩。20時頃に現地に到着しました。

当日は夜半にGPVの予報どおり雲が増えましたが低空のみで南を狙っていたので影響はありませんでした。

前半は透明度がいまひとつでしたが明け方まで望遠鏡を並べて二人でがんばりました。お疲れ様でした。

山梨県小菅村は高速道路の利用なしで70キロ圏内で、星も良く見えるので来年も機会を見て通う予定です。

今回は29日に小菅村で初挑戦した魔女の横顔星雲です。

■エリダヌス座の魔女の横顔星雲(IC2118)

オリオン座の一等星、リゲルに照らされて美しく輝る反射星雲です。

≫続きを読む

12/23に山梨県小菅村にてリモコン化のテストで撮影したもう1枚です。

L画像とRGBの露光バランスがよかったのか色調調整は比較的素直で時間がかからず画像処理ができました。

前の記事のM42より画像の荒れが少ないです。また輝度が高い部分がつぶれなかったので露出時間も適正だったと思います。

■BP660フィルターによるバラ星雲

トリミングなしです。強調処理はほとんどしていませんがハイコントラストに仕上がりました。

L画像はちょっとピントを外してしまいましたが気にせずそのまま重ね合わせ。

20161223bara-300mmf4-LRGB240sx14120sx4.jpg

撮影データ

Nikon D610(IR改造)+tamron 300mm f2.8->f4、L画像(BP660):4分x14枚、RGB(UV/IR):2分x4枚、ISO3200

AZ-EQ5GT+M-GENオートガイド(1軸)、PoleMaster使用。

ダーク減算とフラット処理、スタック、LRGB合成まではYIMGを使用。あぶり出し・色調整はPS CC 2017

こちらはL画像なしのRGBのみで処理した写真です。

≫続きを読む

12/23に山梨県小菅村にてリモコン化のテストで撮影した1枚です。久しぶりにL画像をBP660フィルターで撮影しました。

透明度がすごく良かったせいか分子雲のもくもくが炙り出せましたがL画像とRGBのバランスや色調調整が難しく数回やり直しました。

M42の周りが炎に包まれたようにすごい描写になりました^_^

火だるま星雲。

■M42から馬頭星雲

トリミングなし。時間の関係で合計で56分露出ですが倍にすれば滑らかな画像になると思います。

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面