天城高原登山口駐車場でもう一枚。

タカハシフローライト屈折、FC-50、焦点距離が260mmとDSLRでの撮影です。

M13は大型とは言えさすがにFC-50では小さいです。強風で長焦点が使用できなかったのでいたしかたなし。なんとか写りましたレベルです。

月の出が迫っていたため撮影枚数は少ないのも残念でした。

20170416amaziM13-FC50AC3BORG3mx9CUT.jpg

タカハシDC-50+NIKON D610(IR改造),AC3クローズアップ+BORGX0.85(合成f:=260)

3mx6枚、DSSでダーク、フラット、バイアス補正、PS CC。M-GENオートガイド、赤道儀はAZ-EQ5GT

AC3クローズアップ+BORGX0.85の組み合わせは今回初めてでしたが周辺の像が乱れます。

こちらはD610(フルサイズ)でのノートリミングです。

≫続きを読む

今日は4月16日の晩に天城高原で撮影した1枚ですが、

20170416-izu-50mmf4Ha3mx5R3mx3G3mx2B3mx4.jpg

月明あり

≫続きを読む

4月16日の日曜日に天城高原に初めて遠征しました。自宅を午後3時過ぎに出発して途中足柄パーキングでゆっくりと休憩。目指すは登山口駐車場。

IMG_20170417_103233.jpg

現地到着は18時過ぎていました。GPVの予報どおり23時前の月の出までは良い天気でした。夜半以降は透明度はいま一つでしたが明け方までけっこう晴れていました。

≫続きを読む

先週末の関東地方はあいにくの天気で遠征できずちょっと残念でした。それではと昨年の5月4日の晩に山梨県の小菅村で撮影した銀河を引っ張り出して再処理しました。

オールドレンズのNIKKOR Ai 35mm F2を使用していますので良く言えばまろやかな描写で銀塩写真のような描写です。トーンはあまりいじっていませんがLRGB合成なので明暗は銀河と暗黒体の境界がハッキリしました。

たて座辺りは南中直前ですが低空のカブり補正はしておりません。

昨年の6月4日の晩に撮影した銀河は低空のかぶり補正をしました。

2016050435mmf28kosugeL2mx8RGB1mx2.jpg

NIKON D610改、NIKKOR 35mm f2->f2.8、L画像:120秒x8枚+RGB:60秒x2枚、ISO3200、スカイメモRSにて自動ガイド

画像処理はDSS,PSCC2017、NIK-Cを使用しています。

L画像はメーカー不明の国産R63フィルターを使用しています。

最近、機材を整理したら高校生の時に手に入れたケンコーのR64がありましたので次回はこれで撮影する予定です。晴れればですが(-_-;)

前記事で記載しましたが先週の金曜日に出撃した奥武蔵遠征の際に2台めのM-GENのコントローラ(個人輸入)の電源が入らなくなるトラブルが発生しました。これは昨晩パーツの交換をして解決しました。よかったです^^ パーツ交換といってもたいした事ではないです。

IMG_20170330_083646.JPG

金曜日に故障して早速土曜日にドイツのセラーに連絡しましたが月曜日に返答がありヒューズ切れでは? との事。対応が速いですね。

その合間の日曜日に

≫続きを読む

活動を再開してから1年半、先週の金曜日の晩は初めて奥武蔵方面に遠征しました。国道299号が拡幅整備されており、ととろの世界のイメージはいずこへ?

前記事でご紹介した軽量バッテリーのおかげで腰痛は発症しませんでした^^よかった―

今回の遠征先は小菅フレンドのcrisp63さんに教えてもらった秩父市に近い某所。トイレと自販機があり家族と同伴の場合は便利ですね。あとGPVで奥多摩辺りまで曇るケースで北側が雲が少ない時に近くて便利です。(^-^)

IMG_20170326_203549.JPG

リモコン化では今回net.USB、デバイスサーバの配線を見直してずいぶんとすっきりしました。デバイスサーバー、ルータなど一式はSynScanコントローラーのホルダーにちょうど収まります。

MEADE LX70-150を設置して撮影しようという段でM-GENにまたトラブルが発生! (-_-)、続行できなくなりこの日はタコとなりました。

カメラレンズも用意していたのでM-GENがなくても続行できたのですが薄雲の影響もあり予想通り光害がひどいのでなえてしまい撤収。

IMG_20170327_103217.JPG

M-GENコントローラーのパワーがオンにならず。早速ドイツのセラーに連絡して対応を確認中です (-_-)

幸いにしてもう一個の修理中のものが日曜日に新品交換で届きましたので不慣れなASI120MM-S+PHD2の運用は回避できそうです。

ここ奥武蔵は立川市に住んでいた頃は近かったので1970年代後半に正丸峠や顔振峠あたりを徘徊していましたが当時の印象と変わらず、関東平野の公害の影響が凄いですね^^

やはり秩父市より奥に行かないとだめそうです。奥秩父は八王子市からは遠いのですがGPVの様子で機会があればもっと奥に行こうかと思います。

栃本あたりの場合は中央高速で山梨のトンネルを通過して行った方が良さそうですね。

このところ体力的にきついので軽いバッテリーを買ってしまいました(^-^)

ASI1600MM-Cool、冷却CMOSカメラやAZ-EQ5GT自動導入赤道儀が電気大食いのため36Ahx2やデイープサイクルの90hAを使用してましたがいかんせんどちらも20キログラム以上あるので体力面とモチベーション的に遠征のネックになっていました。

IMG_20170326_114536.JPG

購入したバツテリーはどちらもリチウムイオンでいわゆるポータブル電源と言われる物で合計で7kgなので10kgの小型自動車用36Ah鉛バッテリーより軽いです。写真にはサイズ比較のためタカハシのFC-50鏡筒を置いてます。

右の大きいほうは「suaoki ポータブル電源」で容量は120000mAh ですが重量はたったの5.6キロです。

スペックだけコピペすると

[入力方法3WAY]本体容量:120000mAh/400Wh 入力:ACアダプタ:14V~40V(標準:72W/29.4V) カーチャージャー:12/24V ソーラーパネル:10A(最大)/14V~40V

  • [出力方法5WAY]AC :110V/60Hz ( 最大300W、純正弦波) ジャンプスタート:12V/600A (最大) USB:5V/3.5A(最大) x 4 DC:12V/3A x 2 シガーライターソケット:12V/120W
  • [LCD大画面表示]三つのボタンにより、充電、DC出力とAC出力を選択できます。そして、電池残量、放電、充電状況などもLCDスクリーンに見やすく表示されます。
  • [付属品]充電用ACアダプター、車の充電ケーブル、ソーラー充電ケーブル、ジャンプスタータークランプ、取扱説明書
  • 寸法:230mm(L)x 140mm(W)x 230mm(H) 重量:5.6Kg 

画像には写っていませんがソーラーパネルも購入しました。

左の小型のものは重量は1.4キロの「Rockpals ポータブル電源 」で容量40800mAh 150Whですがかなり軽量です。

出力はDC3ポート(9V~12.4V、15A)、),USB2ポート(3.1A)、AC(100W)なのでスカイメモや冷却カメラを使用しない時に使用する予定です。

これで遠征のあと襲ってくる腰痛とはオサラバできるといいのですが。

こんばんわです^^ そろそろ夏の銀河を楽しめる季節になってきました。(まだ早いですか)

素材もないので再処理あるいは未処理のものを掲載します。新月期はどうか晴れますように。

20160602-ginga1-L249sx4+RGB120sx4-3200-1.jpg 20160604-ite35mmf4-LRGB-L4mx10RGB2mx5.jpg

上の2枚はどちらも去年の6月2日に撮影したものでDSLRはNIKON D610(IR)+NIKKOR Ai 35mm F2->F4,ISO3200です。

■画像処理

さそり座~はくちょう座のモザイク画像はYIMG(Dark、Stack、LRGB合成)、PSCC(現像)、NIK-C(ノイズ補正など)

右の銀河はDSS(Dark、BIAS,Stack)、PSCC(現像、LRGB合成)、NIK-C(ノイズ補正など)

どちらもLRGB合成ですが右のいて座の銀河はL画像はRGBのRチャネルにミックスしたので赤みが強くなりRedの彩度と輝度を若干下げました^^

こちらはL画像をRGBチャネルに重ねた処理の画像ですがやはり色合いが自然ですかね。

20160604-ite35mmf4-LRGB-RGB-L4mx10RGB2mx5.jpg

L画像は4分x10枚、RGBは2分x4枚です。モザイクは5ショットの連結です。どちらも低空の大月市の公害でカブリがあるためPSCCで補正をしました。

3月19日は山梨県小菅村に遠征しました。残念ながら空の透明度が悪く写りがいまひとつだったりオートガイドが不安定だったりで戦果はほとんどありませんでしたがフリーソフトのWifiScopeを使用してSky SafariからAZ-EQ5GTの自動導入の動作確認(兼運用テスト)ができました。当日は久しぶりにKamiさんと30年振りに再会した星仲間と一緒で近況報告と情報交換をさせていただきました^^

WifiScopeの結果は良好で問題なく動作しました。7インチタブからSkyfiなしのリモコンで導入&位置の微調整ができるので非常に快適でした。

下の画像はM101導入時のSkysafari Plusの画面です。やはりタッチパネルでの操作はらくちんで良いですね^^

IMG_20170321_011346.JPG

※普通に操作すれば問題ありませんがあわてて赤道儀の方向キーを連打しちゃうと処理が追いつかず暴走するので注意(笑)

こちらは当日撮影したFC-50+ASI1600MM-Coolで撮影したM101です。なぜか色ずれしちゃうのでとりあえずHαからRGB全部重ねてモノクロです。

20170319-MONOFC-50-M81L4mx12R4mx5G4mx4B4mx4.jpg

Hα4mx12枚、RGB各色4mx4枚合計56分ですが露出不足です。月明あり。AZ-EQ5GTでリモート運用

FC-50+BORG0.85レデューサー+ケンコーAC2:合成F5ぐらい。ASI1600MM-Cool(Gain250,-25℃)

RDPを使ってPCに接続すればASI1600MM、M-GENなども同じタブレットで操作できます。(タブレットからRDPの縦画面です)

Screenshot_2017-03-20-01-17-40.jpeg

今晩は天気が良さそうなので出撃する予定です('-'。)

遠征の準備の合間に先人の方に習い、斜鏡と凄く飛び出しているドロチューブに艶消し黒、マットの塗装をしました。タッチペンなので斜鏡のコバも簡単に黒塗りできます。

IMG_20170319_131421.jpgのサムネイル画像

スパイダーのネジが未塗装ですがまだ下塗り途中です。

先日クレイフォードのドロチューブがユルユルだったのを調整しましたがこれで論吉2枚なので良い買い物でした(^-^)

今回塗装で使用したのはタッチペン、アサヒペイントの水性マーカーマットブラック艶消し黒ですが、簡単だし218円という点で手軽なのでオススメ品です。

IMG_20170319_133515.JPG

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


天体写真ランキングへ



Powered by
Movable Type 6.3.2


関東(奥多摩/神奈川/富士山~伊豆方面)

甲信(山梨~八ヶ岳方面)

北関東~福島県いわき市方面